開業に備えて経営に必要なノウハウを育てていこう

パソコンを使用するサラリーマン

GALLERY

介護のビジネス

フランチャイズで介護ビジネスを初めている人はたくさんいます。また、高齢化した社会にとってこのようなビジネスは重宝されると言えるでしょう。そのため、全国的に展開が行われています。

詳細を見る

ラーメン作りの技術

ラーメン屋としてr開業を行いたい場合は、ノウハウを学ぶことから始まります。また、大手の看板を背負って経営を始めることも可能になっているので、セミナーを通して情報をあつめ、検討を進めていくと良いでしょう。

詳細を見る

独立して病院を作る

開業には医院も含まれています。病院はリピーター患者に支えられているので、最初のうちから多くの人に知れ渡ってもらうことが重要であると言えます。また、広告で宣伝するという方法があります。

詳細を見る

伝送ソフト

ラーメン屋開業への最短ルートがこちら。年齢や経歴に関係なく、誰もが店長としてのスキルをゲット出来るのです。

伝送ソフトの平均的な価格について

介護保険制度では、サービスを提供する事業者はサービスの対価として支払われる介護報酬を国保連に伝送で請求することが義務付けられています。その際には伝送ソフトを利用する事業者が多いですが、伝送ソフトを販売している会社も増加傾向にあります。伝送ソフトは内容や販売会社によって費用が異なりますが、費用の面で一番安いとされるのは国保連で販売している介護伝送ソフトで、1万円弱で購入できます。その他の会社のソフトの場合は様々な項目が連動していていたり、運営状況が確認できたりと付加価値が付いているものも多いので、その分かかる費用も数万円から数百万円と幅が出て来ますが、一般的には数十万円程度の費用で納める事業所が多くなっています。

介護ソフトの導入には、ソフトを購入してインストールするパッケージ型とインターネットを利用する方法がありますが、近年ではインターネットを利用するソフトの方が人気の傾向にあります。インターネットを使用する場合はインストールをする必要がないので初期費用がかからないのが大きな理由の一つとなっています。月額利用料等は提供するソフト会社によってそれぞれ異なりますが、近年では料金についてもより低額になってきている傾向にあります。国保連への請求は本来ISDN回線しか使用できないことになっていましたが、インターネットでの介護ソフトと契約するとISDN回線を引かずに国保連への伝送もできるシステムになっているのが特徴です。

オススメリンク

↑ PAGE TOP